MENU

証券会社出身者は転職サイトを活用するべき?転職サイトのメリットなどを解説

  • URLをコピーしました!

証券会社で働く人が転職先を探す時には、転職エージェントを利用したり、法人顧客からスカウトされる場合などがある。

それ以外には転職サイトを使うという方法がある。

転職サイトは、求職者を探している企業が求人を掲載しているサイトである。

求職者は、求人情報を閲覧し、自分で応募することができる。

証券会社出身者が転職サイトを利用するメリットや注意点はなんだろうか。

目次

証券会社出身者が転職サイトを活用するメリットとは?

転職エージェントと異なり、転職サイトでは求職者が直接求人に応募をする。

証券会社で働く人が転職活動をする時にあえて転職サイトで直接応募することによるメリットはあるのだろうか。

様々な求人に応募できる

転職サイトを使った転職活動では、自分が興味を持った様々な企業に応募できることがメリットになる。

反対に転職エージェントを利用すると、成功報酬を受け取るために、内定を獲得しやすい求人ばかり紹介されて、興味を持った求人への応募を断れることがあるようだ。

異業種も含めて、転職したい業種や職種が明確ではなく、幅広い選択肢から仕事を探したい場合には転職サイトがおすすめだ。

企業側も必ずしも応募要件を満たしていなくても応募してきた求職者を選考することがある。

転職サイト経由であれば、関心を持った企業に取り敢えず連絡してみることができる。

転職サイトでは、職種や勤務地、仕事内容といった様々な条件によって求人を検索できるため、自分の希望に沿った求人を見つけることができるだろう。

自分のペースで転職活動を行える

転職サイトは、求職者が関心を持った求人に応募するという方法であるため、完全に求職者のペースで転職活動をすることができる。

反対に転職エージェントを利用すると、転職エージェントのペースに合わせて転職活動をすることになる。

求職者の条件や希望に合致した求人があれば、転職エージェントから連絡がきて、応募を執拗に迫られることもある。

一方で転職サイトであれば、本当に関心を持った求人だけ応募すれば問題ない。

また、仕事が忙しくて転職活動に集中できない時には転職活動のペースを抑えたり、逆に転職活動に専念したい時には積極的に応募することができる。

転職サイトによっては、求職者のプロフィールに関心を持った企業からスカウトが届くこともある。

スカウトへの返信もマイペースにすれば問題なく、必ず応募しないといけないわけではない。

熱意を直接伝えることができる

転職サイトで直接求人に応募することで、求職者の熱意が企業側に直接伝わることになる。

転職エージェントを経由すると、求職者と企業は第三者を介したコミュニケーションしか取れないため、紙に記載している事柄以外は伝わりにくい。

しかし、直接応募であれば、メールや電話といった手段で企業側の担当者と直接やり取りを行い、熱意を伝えたり、自己PRが可能だ。

連絡を取る中で企業のHPや有価証券報告書など企業情報を調べていることが伝われば、選考の前から好印象を与えることができるだろう。

また、転職サイトに掲載している多数の求人の中から明確な意思を持って応募したことも伝わりやすい。

「転職エージェントに勧められたから」ではなく、自分の意思で関心を持って応募したことが明確であるのだ。

証券会社出身者が転職サイトを活用するデメリットとは?

証券会社出身者は転職市場での評価が高いため転職サイトによる転職活動で大きな成功を収めることが可能だろう。

一方で転職サイトを使った転職活動にはデメリットもある。

転職活動を始める前にデメリットについてもしっかり検討すべきだ。

競争が激しい

転職サイトに掲載がある求人は誰でも閲覧することができる。

求人を掲載する企業のもとにはたくさんの応募が寄せられるため、競争率は高くなる。

たくさんの応募の中で他の求職者と差別化を図る履歴書や職務経歴書などを準備しなければ、面接にすらたどり着くことは難しいだろう。

非公開求人に応募できない

求人には「公開求人」と「非公開求人」が存在する。

非公開求人とは、転職サイトに掲載されず、転職エージェントにだけ共有されている求人だ。

転職エージェントに登録して、紹介されないと存在を知ることすらできない。

非公開求人を出しているのは大手企業や優良中小企業などであり、これらの企業は公開求人を出してしまうと応募が殺到してしまうため、非公開としている。

したがって、非公開求人は待遇や条件が良いことが多く、転職サイト経由では、そのような隠れ優良求人に出会うことができない。

すべての作業を独力で行う

転職サイトで直接応募する方法だと、転職エージェントがやってくれる作業をすべて求職者がやらないといけない。

企業との選考日程の調整や履歴書や職務経歴書といった応募書類のブラッシュアップ、面接対策、内定後の給与や入社日の調整といった一切の作業を独力で行うことになる。

現職に留まりながら、転職活動をしている場合には大きな負担となるだろう。

転職活動の管理が大変

転職サイトを通じて、求人に応募していると書類選考を突破した場合、複数の選考を同時にこなす必要がある。

面接の日程が重なることもあるし、似たような企業を受けていると面接の内容を混同してしまうこともある。

また、現職の仕事を続けていると、仕事と転職活動のスケジュール調整を同時に行わないといけないので、管理がさらに難しくなる。

自分に合った仕事が分からない

転職サイトには多数の公開求人が掲載されているが、応募資格だけを見て、自分に合った仕事かどうかは分からないものだ。

転職エージェントであれば、求職者の経験やスキル、希望条件を考慮した上で最適な求人を紹介してくれるが、転職サイトを使った直接応募では、無数にある求人から自力で仕事を探す必要がある。

スキルや経験が見合わないと不合格となるが、応募書類の時間だけで大変な時間を使ってしまうだろう。

内定できたとしてもその企業が優良企業なのか、仕事内容と給与水準が妥当なのか、といった疑問は自分で解消しておく必要がある。

証券会社出身者の転職に強い転職サイトとは?

インターネット上では無数の転職サイトがあり、どの転職サイトに登録すればいいのか分からない人もいるだろう。

闇雲に登録するのではなく、証券会社出身者の転職に役に立つ転職サイトを選ぶべきである。

リクナビNEXT

リクナビNEXTは人材大手リクルートが運営する転職サイトだ。

転職者の8割が利用する定番の転職サイトであるため、どの転職サイトに登録するか迷っている人は取り敢えず登録しておくといい。

掲載する求人は5万件を超えており、そのうち85%はリクナビ限定の求人となっている。

IT、製造業、商社といったあらゆる業種や営業、事務、財務といった様々な職種の求人を扱っているので、転職する業種や職種が定まっていない証券マンにおすすめだ。

doda

dodaは会員数第一位の最も人気の転職サイトである。

大手企業や優良中小企業の求人を多数取り扱っており、業種・職種も幅広い。

「職種」「勤務地」「年収」といった基本的な項目から様々なフィルターによって、希望する求人を検索することができる。

転職サイトではあるが、登録すると転職エージェントのサービスも同時に利用できる。

初めての転職で不安の多い証券マンは、dodaに登録するだけで、転職サイトと転職エージェントのサービスを同時に利用できる。

ビズリーチ

証券会社に勤務する人の中でもベテランや中堅社員におすすめなのがビズリーチだ。

ビズリーチはハイクラス転職に特化したスカウト型の転職サイトである。

掲載している求人の3分の1は年収1,000万円以上であり、経営幹部や管理職といったハイクラス人材を求めている。

職務経歴書を記入したら、企業や転職エージェントから直接ヘッドハンティングされる仕組みだ。

証券会社から転職する人で「年収を下げたくない」「知名度や社会的信用を維持したい」といった人におすすめだ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次